FOOL JAPAN

なぜ日本が属国なのか。強いものに反抗して中東みたいにやられるような勇気や人格はもはやないし、なにも知らずにアジア、アフリカのように支配されるというほどでもないし、技術など、あるニッチでオタクな部分の強みを生かしながら、うまく欧米諸国に認められようと、猿真似する。でもそれには経済一辺倒で、その他の人生を犠牲にする、クールじゃない、感情もない、西洋人からしたら、そんな生き方する位ならまだ何も知らないアフリカ人になった方がましと言わしめる、そんな生き方か。

じゃあどうすればいい?

大方、白人は考え方が上手。よりものが見えている。支配下におけるし、それに基づいて行動をとってる。スニーキーというのか、狡猾?クレバー?偽善?そして表現力も長けていて、奥の深い議論もする。キスシーンも様になる。何かのモデルでも西洋人が主。そして覇権国。軍事も文化も経済も政治も社会システムも。あらゆる面で。それでいて、優雅さがあり、ウィットがあり、影響力がある。

まず、戦争、侵略、支配について考える。明らかに西洋が支配してきた。アジアその他はただ従うだけ。独立したならもう忘れる。むしろ独立させてくれたことに感謝したり、

少しでも追いつこうと憧れ、努力したり。中東は、欧米に比べ原始的だけど、プライドがあり、真っ向から戦う。そして負の連鎖。さらにこてんぱんにされる。その大義名分は正義、でも経済的、国益的な理由で攻め込まれ、さらにぐちゃぐちゃにされ、恨みを生み、さらなる悲しみの負の連鎖を生む。それを国際社会、日米同盟だと言って、なんのアイデンティティーも無い日本が加担して、ミクロでの宇宙、"家族"というものを引裂、殺す加担をする。そして国際貢献だと欧米にちょっとでも認められて、国民も騒ぐ。鼻高々になる。

そんなことでは駄目だ。まずは自分自身を改革して、ちゃんと世界を理解し、視野も広く、どうにか対等かそれ以上になり、表現的にも、論理的にも、対応も、上手になる。

ウィットでも、クールさでも、ある程度のところまではいく。そして個人としては見下されたり、そういう域を超えて、凌駕する。

国際社会や法、言論の自由、民主主義、資本主義なんかも欧米が作り上げたもので、それらを遵守するなんかも、欧米がどんどん自分たちが正しいと思う方向に変わっていったり、戦争や貧困なんかで苦しんだり、死んだりすることは、特にメインではないという基準のもとの法、国際社会、資本主義の金融マーケットであり、ロシアや北朝鮮、イラン、ISなどなどに対しての制裁措置や、国際秩序を守らないということも、欧米的エゴで作られたある種歪み偏った”ルール”を守らなければ、武力行使や制裁が行われる。

一方、イラク戦争やベトナム戦争など、大義名分が国際社会にある種守られていれば、国連も欧米の一部なので、批判は一時的にされるが、もちろん凌駕される。植民地支配や奴隷、黒人問題についても"言論の自由により自浄"し、打ち消される。ある種丸め込まれる。むしろ正義として、弱いものが悪として潰されることも大いにある。突き詰めると、欧米が起因した負の連鎖、テロなども、正義の制裁として叩き潰されたり、さらなる負の連鎖を生む。さらには、植民地支配なんかで国々を分断したり、無理矢理資本主義に弱い国々取り込んで、その弊害として多くの貧困、それによる病死や餓死、様々な紛争が生まれても、逆に国連なんかで貢献している、環境問題にもとりわけ考慮している、ODAもたくさん出資して、援助したり、支援したりということをして、良い顔を覗かせ、ありがたがらせる。その他、文化面でも、衣食住普段の生活の至る所で取り入れられ、芸術、ハリウッドや音楽なんかで世界を魅了し席巻し、憧れというポジションにもなる。政治力もしかりである。

冷静に考えると、とても矛盾していて、エゴに引き入れられ理不尽過ぎるが、たいていは無くてはならないものという風になってるし、そもそも気づかないうちにそれが当たり前になっているし、うまく利用される。それは政治面でも金融面でも社会面でも、そして根幹の教育システムとしても。

 

でもひとつ言える事は、侵略されてきた国々には純粋さと徳があるということ。

shinnosuke okamoto 4th avenue