ビジョンとセンス

どういうビジョンを描いているかは、立ち上がったばかりの小さな会社であれ、40年の会社であれ、関係ない。

 

 


それが実現されるか否か以前に、まず会社はそのビジョン以上にはならない。一つ一つの動き、日々の決断はそのビジョンに沿う。

そしてそのビジョンに見合ったトップの器量と熱意が問われる。

 

 


実現への道のりは能力や経験によるが、それは失敗を繰り返しながらいずれ身につく。

 

 

 

それに見合った器量と熱意があれば、必要な人とリソースは自然と集まり、ビジョンは実現される。

 

 

 

 

言ってしまえば初めから決まっている。とにかく見えていないと始まらない。